読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかろぐ

大学生ブロガーがグルメ、旅行、WEBサービスなどについて書いている雑記ブログ

ブログのネタに困ったら今自分が一番時間を割いていることを書けばいい


f:id:da-deng:20160130205613j:plain

ブログをやっている人なら記事のネタに困ったという経験をしたことがある人は多いはず。

僕は自分の試した商品やグルメ等のレビューを書くのが好きなんですがこれらってネタが尽きてしまいがちなんですよね。

そして同じようなネタを書こうと思えば商品を買ったりどこかに食べに行ったりしなければいけない。これはなかなか難しいです。

しかし、そんなときに自分の書きたいネタを絞り出す方法ってこれだと思うんです。

自分が一番時間を割いていることなら何でも書ける

この1週間何に一番時間を費やしたか考えてみてください。

仕事、学校の勉強、スポーツ、バイト・・・。人それぞれだと思います。ちなみに僕が最も時間を費やしていることはブログ。だから僕は今、「ブログ」について書いています。

一番時間を費やしている、つまりそのことと向き合っている時間が長いものには必ず何かネタになるものってあると思うんです。

これをしないでネタがないからブログを更新しないっていうのはもったいない。

 

ブログの更新頻度は自分のペースで

僕は毎日更新とか無理です。「自分が時間を割いていること」を考えたとしてもそれをできるほどの量は生まれてきません。だから、毎日更新している人って本当にすごいと思います。

無理に毎日ブログを更新しようとして中身ペラペラな記事を書いてもそれは意味ないと思いますし、「中身のある濃い記事」を書くことが大切なんですよね。これはSEO的にも読者に読んでもらうためにも。

だから、あくまでも「一番時間を割いていること」を考えて絞りだしたネタでもペラペラな内容になりそうなら無理して書かないということも踏まえておきましょう。

毎日経験し続けることが大事

ブログに書くことって基本的に自分の経験したことです。

自分が経験したことのほとんどは他人が経験していないことであるわけで、そういう情報ってニーズがあるし大切。

だからこそたくさんの経験をしてそれをブログのネタにしていけばいいと思っています。

経験することをやめたらブログのネタなんて尽きてしまいますからね。

必ず誰かに読んでもらえるのがブログ

絞り出したネタについて書いた記事でも、需要はあって必ず誰かに読んでもらえるのがブログのいいところ。

読んでもらえるか不安になりながら書かないでいいんです。

読まれないだろうと思って書いたものが意外と読まれるのがブログですからね(笑)