読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかろぐ

大学生ブロガーがグルメ、旅行、WEBサービスなどについて書いている雑記ブログ

神戸〜高松・小豆島を結ぶジャンボフェリーで安くて快適な海の旅を満喫してきた

観光

f:id:da-deng:20160803220747j:plain

関西から香川県・高松に行く場合に考えられる交通経路としては、電車かバスかフェリーだと思います。

今回は普段乗る機会がないので神戸港から高松港までを結んでいる「ジャンボフェリー」で行くことに。

港までのアクセスや時刻表、料金、船内の様子などを写真とともに紹介していきます!

神戸・三宮からフェリー乗り場までのアクセス

三宮駅東口から徒歩1分ほどのところにフェリー乗り場までのバスが発車するバス乗り場はありました。

僕が乗った時には結構古くて狭いバスでした。荷物が多いと少し大変かもしれませんね。

バスの所要時間は10分ほどでした。

ジャンボフェリーの乗り場までのバス時刻表

フェリー発時間 バス発時間
00:45 23:30、24:30
01:00 23:30、24:30
06:00 05:45
08:00 06:55、07:30
11:15 10:00、10:35
14:00 13:00、13:30
19:45 19:00、19:20
20:00 19:00、19:30

赤字は土日祝ダイヤ

※24:30の便のみバス乗り場が違うので注意

念のため公式HPから最新情報を確認することをおすすめします!→『ジャンボフェリー』時刻表

ジャンボフェリーの乗船券購入方法と料金

乗船券購入方法

ジャンボフェリーの乗船券を購入する際には「乗船名簿」に住所、氏名、電話番号、往復か片道かなどの事項を記入する必要があります。それを書いたらカウンターで乗船券を買いましょう。

現金とクレジットカードでの支払いが可能でしたが、クレジットカードは2種類しか使えない(その2種類がどこの会社かは忘れた…)といった表示があったように思うのでクレジットカードでの支払いを考えている人は事前に使えるかどうかを問い合わせておいた方が良さそう。

車やバイクを載せる場合は予約できますが、徒歩客は予約できないので当日購入しましょう。出航時刻の1時間前から購入できます。

乗船料金

ジャンボフェリーの乗船料金は時期によって変わります。

徒歩客の場合は以下の通り。

大人 通常料金 1990円(片道) 3480円(往復)
深夜便利用 2290円(片道) 3780円(往復)
繁忙期利用 2290円(片道) 3780円(往復)
深夜便+繁忙期利用 2590円(片道) 4080円(往復)
小学生 通常料金 990円(片道) 1740円(往復)
深夜便利用 1290円(片道) 2040円(往復)
繁忙期利用 1290円(片道) 2040円(往復)
深夜便+繁忙期利用 1590円(片道) 2340円(往復)
幼児 大人1名につき1人無料。2人目から小学生料金。
0歳児 無料

 

ジャンボフェリー神戸三宮フェリーターミナルとは

建物が完成したのが新しいみたいでめちゃくちゃ綺麗なフェリーターミナル。

この日乗った停泊中の船。
f:id:da-deng:20160716083925j:plain

3階にも待合室はあります。
f:id:da-deng:20160716082624j:plain

3階には展望デッキがあってこんな感じのテラスもありました。潮風が心地よかった。
f:id:da-deng:20160716082847j:plain

 ジャンボフェリー船内の様子をチェック

さあ、出航時刻が近づいてきたのでいよいよ乗船します。乗船開始は出航時刻の30分前とのこと!

f:id:da-deng:20160803220715j:plain

船内への入り口で乗船券を見せて乗り込みましょう。

2階の洋室のリクライニングシート。ここは指定席なので予約制、別途料金がかかるとのこと。
f:id:da-deng:20160803221337j:plain

4階の客室。
f:id:da-deng:20160803221725j:plain

畳のシートが敷いてある客室。質素ですね(笑)
f:id:da-deng:20160804135039j:plain

4階にはゲームセンターのようなところもありました。
f:id:da-deng:20160804135434j:plain

3階の和室は足を伸ばしてくつろげるのでたくさんの乗客がいましたよ。
f:id:da-deng:20160805223551j:plain

同じ3階の和室でも横の方だと船から景色を見ることができます。僕は窓側に陣取って景色を楽しみながら乗りました。
f:id:da-deng:20160805223650j:plain

ジャンボフェリーは明石海峡大橋の真下を通るのでこんなにいい景色を見ることができました。(窓が汚れていたため霞んで見えますが…)
f:id:da-deng:20160805225402j:plain

安さを選ぶか時間を選ぶか

香川に行くならジャンボフェリーを利用するのが他のどんな手段で行くよりも安く行けると思いますが、いいところばかりでもありませんでした。

海上での事情等もあるんでしょうけど、到着予定時刻より30分程度遅れたのは色々と予定が狂ってしまって痛かったですね。

あと、和室は寝れば楽なのかもしれませんが、寝なかったら背をもたれるのも難しかったので結構きつかったです。

帰りはJRを利用しましたが、これらの点はやはりJRの方が良かったかなーという感想です。運賃はJRの方が高いですが、移動時間は1時間以上短いですし到着が遅れる可能性も低いので。

ただ、ジャンボフェリーは深夜便もありますし利便性は高いのも確かです。小豆島にも行けますし。JRもジャンボフェリーもそれぞれ良し悪しがあるのでこればかりは個人の好みによるでしょう。

神戸から香川に行く際に時間に余裕があって安く行きたいならジャンボフェリーはオススメですよ!