読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかろぐ

大学生ブロガーがグルメ、旅行、WEBサービスなどについて書いている雑記ブログ

肉を食べながら就活!就活生ならニクリーチは必ず登録しておくべきサービス


f:id:da-deng:20170208162802p:plain

肉を食べながら就活をすることができるスカウト型就活サービス「ニクリーチ」を実際に使ってみたので紹介していきます!

ニクリーチとは

f:id:da-deng:20170208171310p:plain

ニクリーチはビズリーチが運営する就活サービス。

登録学生数は5万人以上、導入企業数は128社、総マッチング数は1万件以上と多くの学生が利用し、企業と接点を持っていることがわかります。導入企業はIT系やベンチャーが多いです。f:id:da-deng:20170208173114p:plain

ニクリーチでのスカウトには以下の3種類があります。

スカウト:説明会へのご案内や、面談、その他採用イベントへのご招待など、お食事以外の機会でお話をしたい時に送られるスカウトです。
ランチスカウト:企業が一緒にランチを食べながらお話をしたい時に送られるスカウトです。
寿司スカウト:企業が、食事の中でも特にお寿司を一緒に食べながらお話をしたい時に送られるスカウトです。※お寿司が苦手な方は、その旨を人事の方にお伝えすればもちろん他の食事に変更可能です。

僕の場合だと、来るスカウトの比率は1:1:1といった感じです。

関東圏以外でもスカウトは来るの?

「導入企業は東京に本社を置いているところが多いから、地方に住んでいる学生の元にはスカウトは来ないのでは?」と思うかもしれませんが、スカウトは来ます!

僕は関西の大学に通っていますが、関西の企業だけでなく東京に本社を置いているような企業からもスカウトは来ています。その場合には会うのは東京で、ということが多いですが、担当の方が大阪に来られているので大阪で、となったこともありますね。

肉を食べながらだから素で話せる

実際にランチスカウトを受けて行ってみると、ある時は定食屋だったり、またある時は美味しいブランド牛のお店だったりと企業によって異なります。今まで焼肉だったことはないですね。

食べながらだと、いい意味で緊張しすぎないのでお互いが本音で話せる気がします。あと、企業側にも少なからず時間と経費がかかっているので、本当に会いたいと思っている学生にしかスカウトは送らないはず。だからこそ、学生側としてもモチベーションが上がります。

スカウトを受け取るためにはニクリーチ履歴書が重要

ニクリーチでスカウトをもらうために重要なことは、ニクリーチ履歴書をしっかりと書くということ

自分の希望業種や希望職種、フリーアピール、また、エンジニア志望なら言語に関する項目をしっかりと埋めましょう。

あとは、スカウトを待つだけです。ニクリーチに登録して有意義な就活をしましょう!