おかろぐ

大学生ブロガーがグルメ、旅行、WEBサービスなどについて書いている雑記ブログ

大学生が一人暮らしを始める時の下宿先は大学生協で斡旋してもらうべき理由


f:id:da-deng:20170218161838p:plain

大学進学を機に実家から離れる場合には一人暮らしをすることになりますよね。

一人暮らしの部屋を選ぶときには必ず大学生協で斡旋してもらうべきです。僕自身も一人暮らしの際には生協で斡旋してもらったので、その時の経験も交えながらその理由を紹介していきます。

大学生協で物件を斡旋してもらうメリット

学生専用である場合が多い

僕の住んでいるところも学生専用です。

大学生協では不動産屋では扱っていないような学生専用のマンション、アパートを扱っている場合が多いです。学生専用だと隣人とのトラブルも比較的少ないので安心ですね。

 

紹介手数料無料の場合もある

大学生協で斡旋してもらった場合、いわゆる「礼金」に当たる料金が不動産屋より安い、または無料なこともあります。

物件契約の際には初期費用が結構かかってしまうので、安く済ませることができるのは魅力的ですよね。

 

大家さんがOB・OGの場合が多いから安心

大学生協で斡旋している物件の多くは大学の近くにあるということもあって、大家さんがOB・OGな方の場合が多いです。

OB・OGの方だと出身大学の後輩には親切にしてあげたくなるものでしょうし、そう考えると安心ですよね。

 

おとり物件がない

実在していない物件のことを「おとり物件」と言います。不動産屋の店頭などの目のつくところに好条件の「おとり物件」を掲載しておくことで客寄せし、実際にはそれ以外の物件を紹介されるということがあります。

大学生協ではそんなことないですし、内見のための物件候補選びの際も希望をしっかり聞いてくれてるので自分が思うような物件を選ぶことができます。

 

入居後のフォローが手厚い

これは大学にもよりますが、入居後も大学生協がサポートしてくれることがあります。実際に僕が入居したときには下宿を始める新入生だけの交流パーティーがあって、そこで同じアパートや近所に住んでいる友人ができました。

 

大学生協で物件を斡旋してもらうデメリット

紹介物件の数は不動産屋より少ない

紹介してもらえる物件の数は不動産屋に比べると少ないです。大学生であれば必要ないでしょうけど、1LDKなどのワンルームではない広めな部屋も取り扱っていない場合が多いです。

 

家具家電付きの物件はほとんどない

家具家電付きの物件は大学生協が斡旋してくれる物件にはほとんどない印象です。ベッドと小さい冷蔵庫が付いている物件はいくつかありましたが、それ以上に付いているのは見たことがないですね。

 

大学生は大学生協に積極的に頼るべき

大学生協は下宿先探しの時に限らず、お得な学生旅行を取り扱ってくれていたり、自動車学校の費用も安くなることがあるんですよ。たいていのイベントごとの申し込みなどは大学生協経由でやるとお得に利用することができます。

大学生協で物件を斡旋してもらった場合は、すぐに入居しなくても予約等で柔軟に対応してもらえるので一人暮らしを始める際には利用してみるのをおすすめします!